&MEDICAL/&メディカルとは

package design ryosuke uehara

<プロフィール>
アートディレクター/クリエイティブディレクター。2012年、渡邉良重と共にデザイン事務所「KIGI」(キギ)を設立。グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ブランディングを手掛ける他、自らもブランド「KIKOF」を立ち上げ活動。2015年、東京・白金にアートショップ「OUR FAVOURITE SHOP」をオープン。ギャラリー、物販スペースに加え、キッチンスペースを併設し、イベントや展覧会を随時開催。

 

『ontou』の天面とパッケージのデザインに繋がりを持たせて

『ontou』プロダクトの天面デザインとパッケージデザインは、繋がっていた方がいいと思って。どちらを先に考えたのか忘れちゃいましたが、パッケージの要素がプロダクトにもあり、その反対も然りと、同じ考えでデザインしました。

 

「秩序を正して調整していくチカラ」を映像的にデザイン

『ontou』の天面とパッケージをデザインするにあたって、発想の原点になったのは「秩序を正す」ということ。体が悲鳴をあげている時は、体がバランスを崩している証拠。だから「体のバランスを整える」ということを、グラフィックデザインの一番のポイントにしました。「秩序を正して、本来の状態に戻していく」というコンセプトが、映像的に見えてくればいいなと思って。秩序にはある一定のリズムがあるから、それをグリッドに落とし込んで並べて、秩序を表現しました。また、人間には秩序があるのと同時に、それを調整していく能力もある。グラフィックなんだけど、その先も感じさせるようなデザインを意識しました。

秩序立った世界観から、楽しさやワクワクが広がる

『ontou』は、かなりそぎ落としたデザインにしているので、そぎ落とし方を検証する作業を何回も行ないました。そこが一番時間を使って苦労した点です。ある意味、すごく秩序立っていて・・・・・・カタいデザインに見えるけど。逆にここから世界観が広がっていくことがあるんじゃないかな? そこが楽しさやワクワクに繋がればいいなと思っています。 デザインというのは、「見ている人がその先のコトも想像する」というのが重要だと考えています。あまりにも説明的なものは、デザインとしてつまらない。その先は、イメージを持たせてあげる。それが良いデザインだと思います。

 

product

ontou

       ontou