&MEDICAL/&メディカルとは

マッサージ機を使って肩こり改善

column , からだの教室

マッサージ機を使って肩こり改善

みなさん、肩こり・首こりで悩んでらっしゃいませんか?現代病と言われるほど多くの方が悩まれています。ここではお家で簡単に解消する方法をご紹介します。

この記事は、こんな方におすすめです。
・首コリで悩んでいる
・冷えで悩んでいる
・肩こりに悩んでいる
・腕が上がらない
・腕をある角度にすると痛みがある
・肩がガチガチ
・猫背
・巻き肩

目次

1.肩こりの原因
2.softstone backの良いところ
3.softstone backの効果的な使い方

1.肩こりの原因
肩こりの原因は、肩甲骨周りの筋肉が硬くなっている人が多いです。
・長時間スマホやPCを使って作業をする人
・重い荷物を持つ人
・赤ちゃんを抱っこする人
・長時間の運転
・手芸など細かい手作業をする人
上記の人は、肩甲骨周りの筋肉が固まり、硬くなっている可能性が高い人です。
長時間同じ姿勢を保つことで、筋肉が硬くなり血流やリンパの流れがわるくなると、老廃物や痛み物質が発生します。肩甲骨が動きづらくなると、首・肩こりになり猫背や巻き肩になります。さらに、血行が悪くなり、背中・脇に脂肪がたまりやすくなります。

2.softstone backの良いところ

softstone backは、寝転ぶだけで、自重で胸が開きます。寝転ぶだけで背中を緩めることができ、内に入った肩が自重で後ろに行きやすくなります。普段縮こまってしまったカラダの全面、胸側は逆にストレッチして伸ばすことができます。 胸が開くことで、呼吸が深くできるようになり、全身に栄養や酸素が運ばれやすくなります。 そして、脱力した状態ですので、筋肉もリラックスしたまま、マッサージをすることが可能です。硬く伸びきってしまった肩甲骨の内側の筋肉を集中的に。そして、背骨の両側の筋肉を腰辺りまで、ほぐすことができます。 ゴリゴリした揉み方ではなく柔らかく、筋肉やリンパを傷つけないように揉むことができます。あったかボタンもついているので、より筋肉を温めながらほぐしていきます。 1日10分寝転ぶだけで血流がよくなり、肩こりが解消します。

3.softstone backの効果的な使い方

寝転ぶだけでも十分なのですが、さらに気持ちよくなりたい方にオススメな使用方法をご紹介します。 softstone backに寝転び、スイッチをonにします。 腰がきつい方は、膝を立てておこなってください。無理のない範囲でゆっくり行いましょう。 まず、両手を胸の上に、床に対して直角になるように上げます。そうすることで肩甲骨の内側に入りやすくなります。スイッチをもう一回押すことで左右交互に揉むこともできますので、左右のバランスを取りながらゆらゆらと揉むことも可能です。 次に両手を頭の上で、床と平行になるように伸ばします。さらに胸をストレッチすることができ、背中が緩みます。慣れてきたら、両手を交互に上げ下げしてみましょう。 ストレッチを効果的に行いながら、肩甲骨周りをほぐすことができます。 あったかボタンでほぐすこともできますが、お風呂上がりのカラダの芯まで温まった状態で使用することがおすすめです。 基本は、寝転ぶだけなので毎日続けやすいと思います。ぜひ1日10分、一日の最後にカラダをリセットして、肩こり・首こり・腰痛改善をケアしてスッキリして次の朝を迎えてください。

 |