&MEDICAL/&メディカルとは

痛くない軟部組織リリースで肩こり解消

column , からだの教室

痛くない軟部組織リリースで肩こり解消

みなさん、軟部組織リリースってご存知ですか?筋膜リリースは知っていても軟部組織リリースは知らないという方多いのではないでしょうか。軟部組織リリースは。カラダに負荷をかけずに楽なうえにスッキリする方法です。

この記事は、こんな方におすすめです。
・冷えで悩んでいる
・肩こりに悩んでいる
・腕が上がらない
・腕をある角度にすると痛みがある
・肩がガチガチ
・猫背

目次
1.軟部組織とは
2.歪みの原因
3.軟部組織リリース

1.軟部組織とは
軟部組織とは、組織と組織の間をつなぐ結合組織のことです。軟部組織には、骨と心臓以外の筋肉、筋膜、血液、血管、腱、靱帯などが含まれます。
カラダの不調は、筋膜の癒着が原因になっていることが多いです。中でも浅層筋膜は、皮膚のすぐ下にあるので、歪みを正常に戻しやすい筋膜です。浅層筋膜の歪みをとることで、血流やリンパの流れがよくなり、さらに下にある深層筋膜や筋肉まで影響を与えることができます。
この軟部組織を滑走させることでカラダの不調が和らいでいきます。

2.歪みの原因
筋膜の歪みの原因は主に姿勢にあると言われています。長時間同じ姿勢を保持することで、筋膜が歪んで戻らなくなります。肩こりや首コリは、猫背やストレートネックの状態が続くことで、筋膜が引っ張られた状態で固まってしまいます。その歪みから筋肉も固くなり血流やリンパの流れが悪くなります。その結果、筋肉に老廃物や痛み物質が発生し、肩こりになります。
カラダの不調から開放するためには、この筋膜の癒着・歪みを整えることが効果的です。

3.軟部組織リリース
筋膜リリースは、痛みを伴いますが、軟部組織リリースは、やわらかいタッチでアプローチできます。筋肉を緩めた状態で、筋繊維に沿って圧をかけることで、皮膚と浅層筋膜の癒着をリリースします。
筋肉は、伸ばした状態で圧をかけるよりも、緩めた状態で圧をかけることによって、可動範囲が広くなってリリースしやすくなります。圧迫による力が分散されるので痛みも和らぎます。
腰痛も肩こりも背中由来(前屈・円背姿勢)がおおく、背中の筋は長いがゆえに一体となって働きやすく、その筋の動きをよくすることでコリや痛みから解放します。

 |