&MEDICAL/&メディカルとは

背中と首の筋膜リリース

column , からだの教室

背中の筋膜リリース

筋膜は、使わないとどんどん硬くなっていきます。自分でセルフケアをし、効果を実感することで柔軟性の向上や痛みの改善につながります。ぜひ、セルフケア方法を知っていただければと思います。

こんな方に
・肩こりが激しい
・腕が上がりにくい
・首がまわりにくい
・姿勢が悪い
・肩甲骨が硬い
・腰が痛い

目次
1. 筋膜とは
2. 痛みの原因
3. 筋膜リリースとは
4. 筋膜リリース

1.筋膜とは
筋膜は、体中に張り巡らされている筋肉の膜のことです。 料理をされる方なら分かると思いますが、鶏肉の皮を剥ぐと、お肉と皮の間に薄い膜が張られていますよね?
あれが筋膜(筋外膜)です。 筋膜は、血管や神経、筋肉、臓器、骨といったカラダのあらゆる組織を包んでいます。コラーゲン繊維でできていて、弾力性があり全身を柔軟かつ機能的に動かすための重要なパーツです。
筋膜は、筋繊維を束ねたり、骨と筋肉をつないだり、皮膚や脂肪をくっつける役割があります。なので、筋膜がないとカラダの組織はバラバラになってしまい、動かすことはもとより立つことすらできません。人が人のカタチを保てるのは筋膜のおかげなのです。

筋膜の役割
・姿勢を保つ        各組織を包み込み、組織と組織を結びつけています。
・摩擦保護         組織同士がこすれあったりすることで生ずる摩擦を保護しています。
・力の伝達をスムーズに   筋繊維を包んでいる3つの筋膜により、筋繊維の動きを支え、力の伝達をスムーズにしています。

筋膜には5種類あります。「浅筋膜(せんきんまく)」「深筋膜(しんきんまく)」「筋外膜(きんがいまく)」「筋周膜(きんしゅうまく)」「筋内膜(きんないまく)」の5つです。
筋膜は、柔らかい組織で、癒着(絡まったり、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。この筋膜の癒着がコリや痛みの原因になります。

2.痛みの原因
私たちがパソコン作業で何時間も前かがみになったり、スマホに夢中でうつむき姿勢を続けている間じゅう、カラダに負担がかかり筋肉が固まり、筋膜の滑走性が低下し、筋膜同士が癒着することで筋肉の動きを阻害します。そうすると筋膜に覆われた筋肉は動きにくくなり、柔軟性も悪くなって、カラダを動かしにくくします。
また血管は、筋膜と絡み合いながら全身に張り巡らされています。その筋膜にねじれや縮みが生じてコブができると、血管を押しつぶして、血流を悪化させます。筋膜のコブが小さかったり少ない状態の時は、睡眠や運動、入浴などで血流を促進すれば、筋膜の緊張がゆるまって改善します。しかし、悪い姿勢が癖になってそのままの生活を続けると、コブはでき続け次第に大きくなります。
こうして、筋肉のコリやハリ、痛みが発生します。まずは筋膜を整えることが、痛みからの解放につながります。

3.筋膜リリースとは
リリースは、「解きほぐす」という意味です。筋膜リリースとは、筋膜をねじれ・硬縮から解放することです。筋膜の滑走性が戻ると筋肉がスムーズに動くようになります。筋膜リリースは、ストレッチをすることで、ゆっくり解きほぐされて整えることができます。筋膜が回復すれば、筋肉がしなやかに動くようになり、関節の可動域も広がり、血流も良くなります。

4、筋膜リリース
ここではタオルを丸太のように棒状に巻いて使用します。紐で縛り硬めに枕を作ります。そうすることで体重をかけてもころころ転がすことができます。
毎日少しでもいいので継続的に行っていきましょう。キープできると癒着がおきにくいカラダへと変化していきます。
では多くの人が悩んでいる肩こり。肩こりをケアしていきたいと思います。
肩こりの原因は、長時間同じ姿勢を保ってしまったり、重たい頭を支えるために肩に負担がかかったりします。筋肉が緊張すると血流も悪くなり、酸素や栄養分が十分にカラダにまわらなくなります。そうすると老廃物が溜まり、痛み物質が筋肉に蓄積され肩こりなどの症状にあらわれます。

そんな肩こりには背中のリリースを行っていきます
タオルが肩甲骨の位置に来るように寝転びます。カラダに対してタオルを横にしておきます。腕は胸の前で組みます。そのまま上下にコロコロします。これを5分ほどつづけてください。無理をしないで休みながらで大丈夫です。

次に首のリリースをしていきます
首の下にタオルを起き、頭と首の付け根が押される場所に持っていきます。そのまま少し首を左に向け、小刻みに揺らします。20回ほど行なます。終わったら顎を引いて上下に動かします。20回ほど行います。これを1セットで右向きも同様に行います。

 |