&MEDICAL/&メディカルとは

肩甲骨が軽いと全身も軽くなる

column , からだの教室

肩甲骨が軽いと全身も軽くなる

肩甲骨はカラダの要ともいわれており、肩甲骨が固まると、さまざまな不調を引き起こします。肩甲骨の動きがスムーズで軽やかになると、背中に羽根がはえたように全身が軽くなり、疲れしらずのカラダになります。

この記事は、こんな方におすすめです。
・疲れやすい、だるい
・肩甲骨あたりにコリを感じる
・肩こり、首こりがある
・むくみやすい、太りやすい

目次
1.肩甲骨からはじまる不調
2.血流・リンパの重要性
3.肩甲骨まわりのツボ押し
4.肩甲骨の筋膜ほぐし

1.肩甲骨からはじまる不調

肩甲骨は本当に重要な骨です。肩甲骨が硬くなる原因は、毎日の姿勢が大きく影響しています。
・頭が前に出る
・猫背姿勢
・顎が前に出る
・胸の張りすぎ
・荷物を片方の肩ばかりで長時間持つ
これらに思い当たる方は、姿勢がゆがんでいる可能性があります。

長時間のゆがんだ姿勢は、肩甲骨につながっている筋肉・筋膜にも影響します。良い姿勢の時は、筋肉も肩甲骨も正常の位置で負荷がかかることはないのですが、長時間姿勢が崩れたままでいると、支えることを諦め、その姿勢で固定を始めます。
カラダは、思ったより怠け者です。その状態で固まってしまうと、筋肉・筋膜も固まって肩甲骨も可動域を失います。

これをリセットしてあげないと不調が現われます。
例えば
・血流が悪くなり、酸素が行き届かず疲れやすくなる
・血管に老廃物がたまり、痛みやコリを引き起こす
・リンパの流れが悪くなり、疲労物質がたまる
・冷え、便秘になる
・巻き肩になり深い呼吸がしづらくなり、バストも下向きになる
・全身のゆがみにつながる
などです。

2.血流・リンパの重要性

血液は、全身の細胞に栄養や酸素を運び、二酸化炭素や老廃物を運び出す働きをします。血液の流れが悪くなると、さまざまな病気を引き起こします。最初は肩こりや腰痛、関節痛などです。慢性的に続くと、血管の状態にも徐々に異変が起きてきます。動脈硬化や高血圧もその一つで、それが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞といった病気までも引き起こします。
リンパの流れも重要です。全身に網の目のようにある「リンパ管」、その中を流れる「リンパ液」、リンパ管の合流部分は「リンパ節」といいます。リンパは、体内の老廃物や疲労物質の除去、体内に侵入した細菌や異物を排除する役割があります。
血液やリンパの流れをよくするには、適度な運動、美姿勢習慣、バランスの取れた食事と、カラダを温め、ほぐし、伸ばすことです。

3.肩甲骨まわりのツボ押し

肩甲骨まわりには、重要なツボ(経穴)があります。
東洋医学では、気が流れる道を「経絡」、その要所(出入り口)を「ツボ(経穴)」と呼びます。
ツボの位置・効能を知って、気の流れを円滑にすることで、カラダが変化します。

ここでは、肩甲骨まわりのツボをご紹介します。
ツボの押し方にはポイントがあります。
・ゆっくりと呼吸しながら、親指の腹を押し当てます。この時、カラダが凝っていたり緊張していると、呼吸が浅くなります。深い呼吸をしながら、ゆったりとツボ押ししましょう。
・ツボに対して指が垂直になるように押します。
・最初は3回くらい押して様子をみましょう。
・気持ちいいくらいで、強くは押さないように。
正しくツボを活用し、肩甲骨まわりを緩めていきましょう。

4.肩甲骨の筋膜ほぐし

筋膜は、体中に張り巡らされている膜のことです。
筋膜は、血管や神経、筋肉、臓器、骨といったカラダのあらゆる組織を包んでいます。
コラーゲン繊維でできていて、弾力性があり、全身を柔軟かつ機能的に動かすための重要なパーツです。筋膜は、筋繊維を束ねたり、骨と筋肉をつないだり、皮膚や脂肪をくっつける役割があります。
なので、筋膜がないとカラダの組織はバラバラになってしまい、動かすことはもとより立つことすらできません。人が人のカタチを保てるのは筋膜のおかげなのです。

筋膜ほぐしとは、筋膜のねじれ・硬縮から解放することです。
重要なポイントは、点で揉むのではなく「面で押し伸ばす」ことです。
広範囲にわたって押し伸ばすことで、全身に張り巡らされた筋膜のゆがみやねじれを整えることができます。適度な圧力で、さするように伸ばしていきましょう。

肩甲骨、背骨のエリアでは、菱形筋を覆う筋膜にアプローチします。
まず、タオルを丸めて、円柱のタオル枕を作ります。
やり方は簡単。床に寝転んで、肩甲骨と肩甲骨の間(背骨あたり)にタオル枕を縦に敷いて、左右にゴロゴロ揺れるだけです。
手をカラダに対して垂直に上げて、肩甲骨を広げた状態でゴロゴロ揺れます。強い刺激を求めず、押し伸ばしをイメージしましょう。
入浴後のカラダが温まった状態で行なうと、さらに効果が高まります。
毎日5分くらい行なってみましょう。
筋膜リリースで筋膜が整うと、肩甲骨まわりも柔らかさを取り戻して軽くなるのを実感できるでしょう。

 |