&MEDICAL/&メディカルとは

肩甲骨が健康になるとこんなに変わる

column , からだの教室

肩甲骨が健康になるとこんなに変わる

肩甲骨は、健康骨。
全身の見た目からカラダの内部にまで影響を及ぼす骨です。この健康効果を知れば、肩甲骨のケアをやらずにはいられなくなります。「健康骨は一日にしてならず」。いつまでも若々しく、イキイキした暮らしを手に入れませんか。

この記事は、こんな方におすすめです。
・いつもカラダの不調に悩んでいる
・なかなか痩せにくい
・同じ体勢でいることが多く、姿勢が悪い
・若々しく、元気になりたい

目次
1.肩甲骨は全身に影響します
2.筋膜がポイント
3.筋膜リリースは意外と簡単

1.肩甲骨は全身に影響します

肩甲骨は、骨盤と同じくらい重要なカラダの要です。肩甲骨から首・頭・腕・腰・胸・お尻・ふくらはぎと、全身へいろいろな影響を及ぼします。ここでは肩甲骨がカラダに及ぼす様々な嬉しいメリットを説明します。

①美姿勢になる
肩甲骨が正しい位置に戻ると、僧帽筋も元の位置に収まって、縮こまっていた首が長くなります。そして巻き肩や猫背が解消され、骨盤が正しく立って膝も伸びてきます。全身の骨格のバランスが整うので、美姿勢になり、バストも上向きになって、しなやかなカラダに生まれ変わります。


②呼吸がラクになる
猫背だった背中が伸びることで、内側に潰されていた胸が開き、肋骨が広がって肺も正しく膨らみます。深い呼吸ができるようになるので、新鮮な酸素が全身に運ばれ、カラダもイキイキとしてきます。

③元気になる
全身に酸素が行き渡ることで、血液やリンパの中にたまっていた老廃物がデトックスされ、疲れにくいカラダになり新陳代謝も高まります。健康なカラダになれば、風邪などの外敵からも身を守れます。


④体型が変わる
肩甲骨が正しい位置に戻ると、筋肉も正しい場所へ戻っていきます。これだけでもカラダのラインが変わってきます。筋肉に栄養が流れる良い状態になり、カラダ全体がバランスのとれた体型へと変化します。効率的に動けるようになるので、代謝アップにもつながります。


⑤冷えないカラダになる
血液やリンパの流れが改善されれば、体内酸素が増えます。酸素によって筋肉量が増し、さらに血流がよくなります。冷えの原因のひとつは、血流やリンパが滞ってしまうこと。カラダが温まれば、むくみも解消されます。


⑥コリ・痛みが改善する
筋膜のねじれが解消されると、関節の可動域が広がります。より大きな動作ができるようになるので、筋肉の収縮がスムーズになり、血流やリンパの流れも良くなります。これにより、たまった老廃物が原因で発生していたコリや痛みも改善されていきます。


⑦腸内環境が整う
肋骨が開くことで、圧力がかかっていた内臓にも変化が出ます。体内に酸素が行き渡るので、腸の動きが活発になり、消化吸収の力も高まります。


⑧若々しくなる
全身の骨格が整って姿勢も良くなり、余分な脂肪もスッキリして、バストも上向きになれば、見た目が十分に若返ります。さらに体内でも、酸素が全身へ回り脳にも運ばれるので、自律神経が整ってホルモンの分泌が促されます。副交感神経も優位になるので、心身ともにリラックスして穏やかな暮らしへと変わるでしょう。不調のせいでいつもツラそうな表情になってしまった人も、イキイキとした表情へ変化します。

2.筋膜がポイント

まず「筋膜とは?」ですが、筋膜は、体中に張り巡らされている膜のことです。
鶏肉の皮を剥ぐと、お肉と皮の間に薄い膜が張っているのがわかると思いますが、あれが筋膜です。
血管や神経、筋肉、臓器、骨といったカラダの様々な組織を包んでいます。
筋膜はコラーゲン繊維でできており、弾力性があり全身を柔軟かつ機能的に動かすための重要なパーツです。
筋膜は、筋繊維を束ねたり、骨と筋肉を繋いだり、皮膚や脂肪をくっつけたりしています。
なので、筋膜がないとカラダの組織はバラバラになり、動かすことはもとより立つことすらできません。人の形を保てるのは筋膜のおかげなのです。

その筋膜が歪んだり、突っぱったりしてよじれてしまう大きな要因は、毎日の姿勢です。私たちが長時間同じ姿勢でいる間、筋膜ががんばって引っぱり続けて姿勢を保っています。そのため限界がくると、これ以上動かないように結び目を作ってしまいます。
これがトリガーポイントとなります。
動かない場所は、脳が動かすことを忘れ、ずっと同じ姿勢が続き、筋肉が使われなくなります。筋膜も伸縮性をなくし、癒着を起こして筋膜に小さな塊ができます。やがてその塊が、痛みや不調を引き起こします。
様々な不調の中でも影響力が大きいのが、肩甲骨まわりの背中の筋膜です。
多くの人は背中が丸まっているので、肩甲骨が外側に開き、付着している僧帽筋や菱形筋が引っぱられたままになっています。これが肩こりの原因です。
また、腕を上げる習慣のない人も、肩甲骨が動きにくくなっているため、筋膜が硬縮していきます。肩甲骨は首や腕、背中や腰につながる筋肉に影響します。肩甲骨の「筋膜リリース」をすることで、全身の健康へつながります。

3.筋膜リリースは意外と簡単

筋膜リリースとは、筋膜をねじれ・硬縮から解放することです。
重要なポイントは、点で揉むのではなく、「面で押し伸ばす」イメージです。
くしゃくしゃになった紙を、手で押し伸ばすようなイメージです。
広範囲に押し伸ばすことで、表面の筋膜や内部の張り巡らされた筋膜まで伸ばすことができます。適度な圧力でさするように伸ばしていくと、ねじれ固まった筋膜を解放することができます。

肩甲骨まわりのほぐし方
ポイントは、広範囲に押し伸ばすこと。強い刺激は必要ありません。
刺激が強いと、かえって筋肉が緊張し硬直してしまいます。また、力任せに揉むと筋繊維を傷つけてしまいます。肩甲骨、背骨のエリアでは、菱形筋を覆う筋膜にアプローチします。
まず、タオルを丸めて円柱を作ります。
そのタオル枕を肩甲骨と肩甲骨の間に置いて仰向けで寝転び、左右にゴロゴロ揺れるだけです。
手を上げて肩甲骨を広げた状態でゴロゴロ揺れます。強い刺激は求めずに、押し伸ばしをイメージしましょう。
入浴後のカラダが温まった状態で行なうと、さらに効果が高まります。
毎日5分ほど行なってみましょう。
筋膜リリースができて筋膜が整うと、肩甲骨まわりも柔らかさを取り戻し、動きが軽くなるのを実感できるでしょう。

 |