&MEDICAL/&メディカルとは

白石真弓 mayumi shiraishi

column

<プロフィール>

スタイリスト。恵比寿の美容院<stance>(スタンス)勤務。美容師歴13年。
サロンワークを中心に、外部依頼によりヘアメイクやブライダルの仕事もこなす。
店名「スタンス」の由来は、サロンコンセプトであるライフスタイルの提案のすべての立ち位置のスタートとなるという意味から。

 

恵比寿の美容院で13年スタイリストとして活躍し、自身の腕を磨きながら、日々お客様の求めていることと真摯に向き合っている白石真弓さんに、仕事のことや健康のことについてお聞きし、実際に『ontou』を体験していただきました。

お客様のリアルの表情をその場でいただける喜び

もともと髪の毛をいじるのが好きで、学生の頃から友達の髪の毛をセットしたり切ったりしていました。誰かのためになる仕事がしたかったので、美容師になりました。
 日々お客様が来てくれて、帰り際にお話してスッキリしたというお言葉をいただいたり、髪を切って気分転換になったとお声掛けいただけると、嬉しいなあと感じながら毎日お仕事させていただいています。この仕事の醍醐味は、お客様のリアルな表情をその場でいただけることですね。
(ピヨちゃんと呼ばれていることについて)ウチのボスがつけたあだ名なんです。私がこのお店に入ったのが20歳の時で、ひよこみたいにピヨピヨしてたので。そこからずっとピヨです。今は、ピヨというのが恥ずかしいくらいですが(笑)。

スタイリストとしての感覚が鈍らないように常に心掛けている

スタイリストになってからも、練習会があったり、夜にモデルさんを呼んでカラーリングの提案や実際にカットをさせていただいて、感覚が鈍らないように常に心掛けています。友達で美容師の子も多いので、その子のサロンに行って、そのサロンではどうしているのか話をしたり実際に体感したりして、お互いに高め合っています。

人によってそれぞれ顔の形や肌の色、目の色などで似合う髪型やカラーの色があります。私のほうでお客様の良いところを活かすカットをご提案したり、逆にコンプレックスに感じているところを隠してあげるカットなどもご提案します。

同じ美容師でも、自分が得意としている分野はあると思います。髪型でも、メンズが得意なスタッフもいれば、レディースのロングが得意な人もいたりとか。カラーなら特殊なカラーをするのが好きとか、それぞれ個性はありますよね。
私はカラーが好きです。その人が求めている色を、その人の肌質に合わせて作るのが好きなんです。お客様からも「すごくいい色になった」と言って喜んでもらえることが多いのかなと思います。

お客様の求めているものは、その時、その人によって様々

私はお客様のスタイルを作る上で、その方がどういうものを求めているのか共有することを大切にしたいなと思っています。その時によって髪型を変えたい人もいれば、話をしたくてとか、気分転換をしたくてスタンスに来ましたとか。その方がその時々に求めていることって、まったく一緒ではないので。その時に感じていることを引き出して、一番この人に何をしてあげたら喜ぶのかなというのを意識して仕事をさせていただいています。

いくつになってもキレイな自分でいることが心の活力になる

私はサロンワークがすごく好きなので、今後はサロンに来てくれるお客様をもっと増やしていきたいですね。これから高齢化社会の中で年配の方も増えてくると思うんですけど。結構ウチも年配のお客様にたくさんお越しいただいています。そういう方たちに、何年経っても、いくつになってもキレイな自分になっていただくことが「心の活力」になるのかなと実感しています。年配の方たちにも素敵な髪型ができることや、美容院に来る楽しみを広げられたらいいなと思います。

最近は、美容師になりたい子が減ってきているんですよね。技術職よりもスーツ系の仕事のほうにいってる感じで。だから、もっと美容を楽しむ人が増えて、美容師を目指したいと思う子が増えてくれるといいなぁと、夢というか、願いみたいなものがあります。

この仕事ならではの足・腰・肩の悩み…全身がちょっとやばいです

カラダの不調で一番気になるのは、足と腰と肩です。ずっと立ち仕事なので、足がむくんだり、腰が痛くなったり。もうマッサージとかしないと、どんどん蓄積されてしまって。これは美容師を始めてからずっと悩んでいますね。シャンプー台で作業する時なんかは、腰に負担がかかりますし、それを日々保つのが体力的にキツい時もあって。私の場合、猫背気味だから、ずっと同じ姿勢で仕事をしていると、肩が張ったり背中がツラくなったり・・・、全身がちょっとやばいです。

一応、定期的にマッサージに行ったりして、カラダのケアはしています。自分でも毎日、夜寝る前にマッサージクリームを使って足のむくみを取るマッサージをしたりして。テレビや雑誌から情報収集したり、お客様からケア方法を聞いたり、女性同士のクチコミでおすすめの情報を仕入れることも多いです。

土日とかはやはり来店くださるお客様も多くて、体力的にはすごく疲れるんですけど。それでもたくさんのお客様を担当させてもらったり、たくさんの方に会えたりした時には、あぁこの仕事をやっていて良かったなと思います。

白石真弓さん、『ontou』を初体験!

きました。リズムも変わるんですか? ズキ、ズキって感じできますね。中レベルでも結構きますね。針を打っている感じみたい。ズキズキズキ。
(揉み込みモード)おおーーーすごい! めっちゃすごいですね。わぁーすごい。何かマッサージチェアみたいな感じですね。おぉー、すごい。筋肉が絞られますね、これ。
(取った後の感想)おおーすごいですね! これ。軽くなった感じがします。スッキリした感じがあります。

おしゃれなものから想像できない、意外にダイナミックでした。貼られているって感じがなかったのでびっくりしました!
低周波のものって、いかにも低周波―って感じがするんですけど、『ontou』だとすごいおしゃれですし、そのままポンと置いてあってもインテリアの邪魔をしないですね。寝る前に、ベッドで使いたいです。
私たち美容師もそうですけど、目に疲れが来る方にも良いと思います。日頃からよくパソコンを使う方や、お客様の中にも目を使う職業の方が多いので、そういった方たちにもすごくおすすめしたいと思います。

 |