&MEDICAL/&メディカルとは

[interview] 町田耀大インタビュー#3 それってシュガーホリック?

column | 2017.09.08

&MEDICAL美脚セミナーの講師として、最新の美脚メソッドを披露してくれた町田耀大さん(モデル体型専門パーソナルトレーナー/美脚メイクトレーナー)の連載インタビューを全6回にわたってお届けします。町田さんは現在24歳ながらも、ボディ全般にまつわる知識が豊富で、自らの身体を使って日々メソッドの開発・構築に勤しんでいます。その好奇心旺盛で研究熱心な姿勢に人気が集まり、お客様に着実に成果をもたらすトレーナーとして注目されています。

第3回は、ダイエットにおける食事面でのアドバイスをうかがいました。

 

太る原因・太る食べ物を知ることから始めよう

&MEDICAL(以下、&M):町田さんのブログを拝見しましたら、「痩せない理由よりも、まず太る理由を知ることが大切」と書かれていてとても興味深かったんですが、具体的にはどういうことでしょうか? 

町田耀大(以下、町田):痩せるために何かを始めるよりも、まず太る理由を見つけて、その太る理由を止めてから痩せるためのことをしていかないと。結局穴の開いたバケツと一緒で、ダイエットしても太ることをしていたら効果が出ないんですよ。体重が増えたとしたら、増えていって増えなくなって減っていくというのが物理的な順番になってきますから。まず初めに今の現状を見て、痩せる方法よりも、まず先に増えることを食い止めないといけないんです。

&M:その増える原因・理由は、例えばどういうものですか?

町田:一番は過食ですね。結局は足し算と引き算ですから。エネルギーとして余っている分が脂肪になるので。余っていなかったら脂肪は出来ないんですよ、物質的に。ただ、これは食べる量やキロ数じゃないんですよ。1kgのお肉を食べたとかではなくて、「太るもの」をどれだけ食べているかというのがポイントになってきます。

&M:太る食べ物とは、例えばどういうものですか?

町田:一番はやはりお菓子や嗜好品ですね。栄養素がないのに脂肪になってしまうもの、ポテトチップスやケーキなどですよね。栄養素があって太るものっていうのはまだ栄養が取れる分いいんですけどね。お肉やご飯、お蕎麦、麺、パスタなどは、食べてもそれが栄養になりますから。でも栄養にならないのに太るものって、最悪じゃないですか。

&M:そうですね。お酒はどうなんですか?

町田:お酒は正直、ストレスを解消する役割にもなったりとか、油や糖質がめちゃくちゃ高いわけじゃないんです。だけど、お菓子って桁違いにすごいんですよ、破壊力が。

&M:じゃあ、お菓子をやめるだけでも?

町田:ええ、充分変わってきます。あとはラーメンとか、いわゆる「糖質オン脂質」みたいなジャンクなハンバーガーやフライドポテトとかですね。

&M:そうですよね~。でもなんで食べたくなるんでしょうね、ああいうのって、無性に(笑)

町田:油を摂ると脳に多幸感が出るからです。人間の体は、油が入ると「気持ちが良い」とか「幸せ」な気分になれるんですよね。だからジューシーなものを食べたくなっちゃう。糖質も同じです。

&M:それに騙されているというのもあるんですか?

町田:あります、あります! シュガーホリックっていうんですけど。いま糖質依存の方が多いですよね。ご飯を食べずにいられないとか、ケーキを食べないとしょうがないとか、いても立ってもいられないといった、糖質依存症ですよね。シュガーホリックは脳がそれを食べると幸せになれると覚えてしまったことによって、ある種麻薬じゃないけど、摂らずにはいられなくなっちゃうんです。

&M:それは男性女性や年齢に関係なくですか?

町田:僕が見てる限りでは、あんまり年齢による差はないですね。でもやっぱり女性に多いのかなっていうのは感じますね。ホルモン的な問題もあると思います。女性の周期的なもの、エネルギー、黄体ホルモンを作るために、生理前は食べたくなるというのは、男性と比べたらあると思います。でも、このことを知っているだけで違いますからね。「あ、これは食べさせられてるな」って自覚できますし。自分の体が「ちょっと依存的になっちゃってるな」って思うようになったら自然と気を付けるようになりますから。

&M:そうですね。客観的に見られるかどうかは大きいかもしれないですね。

町田:まさにその通りで。情報を知っているか知らないかは大きな差になりますね。知っていれば、「あ、これはアレによって食べさせられている時期なんだ」と思って我慢しようと思いますからね。

========================================================================

なぜか無性に食べたくなる甘いお菓子やジャンクフード。それが女性ホルモンや周期的なものと考えられるだけでも、だいぶ心が軽くなりますね。ダイエット中の方は特に、お菓子を食べることに少し罪悪感を感じながら、でもやめられない、という方もいらっしゃると思います。自分のリズムを知ることも大切なんだと実感しました。次回は【#4 ダイエットが成功しない人に共通すること】をお届けします。

 

町田 耀大(まちだ ようた)
モデル体型専門パーソナルトレーナー/美脚メイクトレーナー
女性専用の完全予約制パーソナルトレーニングスタジオ「LUX銀座」代表。
東京都豊島区にあるパーソナルトレーナーの専門学校を卒業後、大手フィットネスジムでフリーのパーソナルトレーナーとして独立。ダイエット、ボディメイク、美容整体、エステなどボディ全般に精通し、各分野で独自の理論を構築。
 
 
 
 

 |