&MEDICAL/&メディカルとは

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #2

column | 2017.07.08

2回目の今回は、スマホ首、ストレートネック(首が前に出てまっすぐになっている状態)が首こり、肩こりを引き起こす原因を、首の骨の構造とともに解説していきます。

 

首の骨はブロック状に積み重なっている

首の骨は背骨から腰へとつながっていて、小さな骨がブロック状に積み重なっています。首の骨(■頸椎)が7個、胸(■胸椎)が12個、腰(■腰椎)が5個と、合計24個の骨で背骨が構成され、仙骨、尾骨へとつながっています。

 

背骨がもともとS字状にカーブしているワケ

本来、このブロック状の背骨はゆる~いS字状にカーブしています。
では、なぜカーブしているのでしょう? 背骨の一番上には重たい頭が乗っていて、その中には大事な脳が入っています。脳は衝撃に弱いため、歩行時やドスンと降りた時などに、できるだけ頭への衝撃を和らげるためにちょうどバネのような仕組みでS字状にカーブしているのです。

標準的な50~70kgの体重の方で、約5~7kgの頭を支えていることになります。これはどう支えるかによって感じ方も変わってきます。例えば5kgのお米を、両腕で胸の前に抱えて持てばそれほど重くは感じません。しかしそれを、両腕を前にピンと伸ばした状態で、その先に5kgのお米を持とうとすると、かなり重たく感じ、支えるのも不安定になります。
これは頭でも同じです。頭が体の真上にあれば軽く感じ、しっかりと支えられます。ところが、頭の位置が体よりも前に出た状態になると不安定になり、それを支えている首への負担がより大きくなるというわけです。これは通常よりも2~3倍の負担になるといわれています。

こうしてスマホを下向きの姿勢のまま長時間見ていることで、首まわりの筋肉が常に緊張した状態になってしまい、首こりや肩こりを引き起こす原因となっています。

いかがでしたか? とても分かりやすい仕組みですよね。みなさんもついついスマホに夢中になって、気がつくと首の後ろが凝っていたり痛みを感じた経験はありませんか? 重たい頭を支える首は、その角度が下向きになるほど負担も大きくなってくるんですね。

次回はストレートネックが引き起こす様々な症状についてお届けします。

参考:
プロイデアPodcast番組『プロに聴く健康エトセトラ』急増するスマホ首!あなたは大丈夫?
川井太郎著書『スマホうつ』(秀和システム)

川井太郎
川井筋系帯療法治療センター院長
「病院でよくならなかった人のための整体院」として、20年以上にわたり、腰痛をはじめ、頭痛や首、肩のコリ、慢性疲労などの筋骨格系症状、アトピー、喘息などのアレルギー体質的症状を改善に導いている、体のゆがみを治す専門家。
『スマホうつ』の考察 http://sumahoutsu.hatenablog.jp/

 

 

ストレートネック、首こりは&MEDICAL

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #1

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #3

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #4

 |