&MEDICAL/&メディカルとは

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #1

column | 2017.07.08

近年話題になっているスマホ首。私たちの生活は、ネットでの情報収集や動画・ゲーム・SNSなどの使用によって、スマホの画面を閲覧している時間が急激に増えました。特に動画を見たりゲームを遊んでいると、ついつい夢中になって、何十分も何時間もスマホの画面に釘付けなんてこともしばしば。そんな方は、気がつけばスマホ首になっている可能性大です。

本コラムでは4回にわたって、体のゆがみを治すスペシャリスト・川井太郎先生(川井筋系帯療法治療センター院長)にお伺いしたお話を基に、スマホ首やストレートネックについてご紹介していきます。

 

若い世代ほど顕著なスマホ首

みなさんはスマホを使っている時、ついつい顔が下向きになって、首が前に出たままの状態になっていませんか? 実はこの首が前に出てまっすぐになっている姿勢が、首の後ろの筋肉へ非常に大きな負担をかけています。いわゆる「スマホ首」や「ストレートネック」といわれるものです。

当社が実施した首に関する調査では、首の不調を感じる方は83.3%にも達しています。さらに、セルフチェックによる診断を行なってもらったところ、実に2人に1人がストレートネックの可能性があるとの結果が出ました。特に10代後半から20代などスマホの使用時間が長くなる若い世代ほど、ストレートネックの割合が高い結果となっています。

 

 

重たい頭を支える、首の重要な役割


ストレートネックは、首の痛みや肩こりを引き起こすだけではなく、頭痛やめまい、眼精疲労、手や腕のしびれ、ひどくなると自律神経失調症やうつ症状にまで発展する場合もあります。

スマホを長時間見ているだけで様々な不調を引き起こすなんて恐ろしい気がしますが、首にはそれだけ重要な役割があるのです。それは大事な頭(脳)を支えるということ。しかも頭の重さは、人間の体重の約10%にも相当するといわれます。つまり、標準的な体重の人で約5~7kgもの重さを、首の骨が支えていることになります。ふだんあまり意識することのない首の骨ですが、毎日これだけの重さを支えているんですね。

私たちは日常生活の中でたびたび下向きの姿勢を続けてしまうことがあります。これらの習慣がストレートネックを引き起こす一因にもなるので、適度に休憩を取ったり、顔を上げてなるべく首への負担がかからない姿勢を心がけましょう。

次回は、首が前に出た状態が、どれだけ首に負担をかけているのか、骨の構造とあわせてお伝えしていきます。

参考:
プロイデアPodcast番組『プロに聴く健康エトセトラ』急増するスマホ首!あなたは大丈夫?
川井太郎著書『スマホうつ』(秀和システム)

 

川井太郎
川井筋系帯療法治療センター院長
「病院でよくならなかった人のための整体院」として、20年以上にわたり、腰痛をはじめ、頭痛や首、肩のコリ、慢性疲労などの筋骨格系症状、アトピー、喘息などのアレルギー体質的症状を改善に導いている、体のゆがみを治す専門家。
『スマホうつ』の考察 http://sumahoutsu.hatenablog.jp/

 

ストレートネック、首こりは&MEDICAL

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #2

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #3

[column] 急増するスマホ首!あなたは大丈夫? #4

 |