&MEDICAL/&メディカルとは

[column] soft stone backのこだわり #2 「2+8」の揉み玉機構

column | 2017.06.20

soft stoneに秘められたこだわりとその開発ストーリーをお届けするコラムの2回目です。今回は肩こり対策のマッサージ機『soft stone back』に内蔵されている、独自の揉み玉機構についてお届けします。

話題の肩甲骨はがしが手軽にできる!「2+8」の揉み玉機構

肩こり対策のマッサージ機『soft stone back』は、最近話題のストレッチ法「肩甲骨はがし」を手軽に行なえることでも人気です。
その最大の特長は「2+8」の独自の揉み玉機構にあります。上部2個の縦長の揉み玉が、肩甲骨の内側から車のワイパーのように左右に開閉することで、深層筋のコリを揉みはがしていきます。それと同時に、8個の丸い揉み玉が回転し、脊柱起立筋をマッサージして背中全体をほぐす仕組みです。この「ワイプ」と「マッサージ」を組み合わせて同時に行なう動作が、肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくほぐしてくれます。

揉み玉の形状や大きさ、個数、動き方、回転・動作スピード、筋肉に沿った配置バランスのすべてを計算した結果が、この「2+8」の揉み玉機構に集約されています。これにより、気持ちよい“体感”と、肩甲骨から背中にかけた筋肉を上手に動かす“高いマッサージ効果”を実現しました。

肩甲骨はがしは、肩こりの解消に効果があるだけではありません。ガチガチに固くなった背中の筋肉の血流を促進するので、美姿勢や美ボディも目指せます。デスクワークの方、スマートフォンやパソコンを長時間使用している方、背中が丸まって猫背になっていませんか? ぜひsoft stone backで「肩甲骨はがし」のマッサージをお試しください。

肩こり、首こりは&MEDICAL

[column] soft stoneのこだわり #1 寝転がるスタイル

[column] soft stoneのこだわり #3 シームレスなニットカバー

[column] soft stoneのこだわり #4 デザインの変遷

 |