&MEDICAL/&メディカルとは

[column] 肩甲骨体操

column | 2017.04.20

肩甲骨まわりの筋肉をゆるめて動きをスムーズにする「肩甲骨体操」をレクチャーします。さっそく実践してみましょう!

参考:【肩甲骨は「健康」骨! ゆるめることで暮らしが楽になる 体験セミナー】講師:骨盤整体 高田馬場施術室代表 池村聡文さん

 

手で歩く「しゃくとり虫体操」

★最初はひざを付いて、運動しましょう。

①手を交互に少しずつ前に出していきます。この時、後ろから前へ円を描くように(クロールのように)大きく回しながら出します。

②10歩ほど進んだら、お腹を床につけて腹筋のストレッチ。

③お尻を上げて、今度は逆に戻っていきます。前から後ろへ円を描くように(背泳ぎのように)手を大きく回しながら、少しずつ後ろに戻ります。

①~③を2セット行ないます。

※腕を前/後ろに動かす時は、肩甲骨から動かすことを意識しましょう。そして反対側の肩甲骨は、しっかりと体を支えて固定するように意識してください。

 

★慣れてきたら、ひざを付かずに運動してみましょう! やり方は上記①~③と同じ要領です。

 

Y・T・W・L体操

この体操で重要なのは、肩甲胸郭関節を使って肩甲骨を動かすことです。肩甲胸郭関節が動いて、次に腕が動くようなイメージで行ないましょう。

Y : 拳上と上方回旋

手のひらを内側に向けてYの字ポーズ。

T : 内転と拳上と上方回旋

手のひらを天井側へ向けてTの字ポーズ。肩甲骨の内転筋群である菱形筋を使って床と水平になる角度を保ち、肩甲骨を引き寄せます。腕が水平よりも下がったり、腕を体へ引き寄せてしまうと広背筋を使っていることになるので注意。

W : 内転と下制と下方回旋

手のひらを前に向けてWの字ポーズ。左右の肩甲骨を引き寄せます。

L :内転と下制と下方回旋

手のひらを前に向けてLの字ポーズ。上腕を体に引き寄せ、ひじをしっかりと体につけます。

 

Y・T・W・Lの各ポーズを3回ずつ行ないます。

 

肩甲骨体操はお風呂上りに行なうと効果的です。ぜひ取り入れてみてください。

肩こり、首こりは&MEDICAL

 |